天皇賞(秋)編


2020年11月1日 日曜日
天候は曇り 馬場状態は良で行われた今年の天皇賞
単勝1番人気は現役最強馬の「アーモンドアイ」だ!

日本競馬史上、芝G1勝利数更新に大手をかけているアーモンドアイ!
単勝1.4倍という圧倒的な人気に競馬ファンの期待が高まっている
アーモンドアイは、一口馬主法人のシルクレーシングの所有馬なので
来年の3月末で引退が決められているため、G1勝利を更新するためには
期間が短すぎるため、ここで更新をしたいという陣営の思いも強く
当日の、パドックでの様子は凄い気迫に満ちた様相であった。

東京の芝2000メートルという舞台は、スタート位置が2コーナー手前の
ポケットの部分からなので、コーナーまでは短い直線となる
比較的インコースの方が有利なコース設定でアーモンドアイは
7枠9番頭数が揃わなかったことが幸いした形だ。
スタートでは、うまくポンっと出たので、いつもより前目のポジションで
レースを進めることができたので、私的には、あ〜勝ったなと思った
最終コーナーまで前から4番目でレースを進め、直線でも
何の問題もなく、先頭に立ちこのまま勝利かと思ったが
最後の最後で、フィエールマンが外から猛追してきたが、半馬身たりず
アーモンドアイが見事に、芝G1最多勝を更新した。

勝利インタビューで、ルメール騎手が時より目を潤ませながら
このアーモンドアイに騎乗するときは、プレッシャーが凄くて
いつも大変なんだと・・・今日は勝てて本当に良かったと安どの表情を
浮かべていたのが、なんとも印象的だった。
アーモンドアイの雄姿を見られるのも、あと1回かなと思う。
次のレースは、三冠馬コントレイルとの勝負だろう!楽しみすぎる(笑)




Copyright © 趣味の競馬日記 All Rights Reserved.