菊花賞編


2020年10月25日 日曜日
京都競馬場 芝3000メートル 牡馬クラシック最終戦
天候 晴れ 芝状態 良 
絶好のコンディションの中、2020年クラシック最後の戦いが始まる。

単勝の一番人気は、当然!無敗の三冠制覇に王手をかけた「コントレイル」だ!
正直なところ、血統的には3000メートルの長距離戦は得意ではないだろう
だが、単勝1.1倍は、競馬ファンからの熱い期待の表れだと思う。
コントレイルの父ディープインパクト以来の無敗の三冠馬となれるか!?
無敗の三冠馬はディープインパクトと皇帝シンボリルドルフの2頭のみ
熱いドラマが今始まる!

レースがスタートして、コントレイルの位置は真ん中よりやや前の位置取り
それを見るようにして、ルメール騎乗のアリストテレス、弥生賞馬サトノフラッグが
中段を進む展開となる。ペースはミドルペースで遅くもなく早くもないが
京都コースは2コーナーから3コーナーにかけて上り坂になっているため
ここでペースが遅くなるが、3コーナーから最終コーナーにかけては
下り坂で、一気にペースが上がり、直線も平坦なため切れ味勝負となりやすい
前から5番目の位置で最後の直線になり、徐々にコントレイルが先頭にたち
このまま決まるかと思われたが、その外からルメール騎乗のアリストテレスが猛追!
正直ヤバいかな?と思ったが、コントレイルがここでもうひと伸び!
なんとかクビ差をしのぎ切って、無敗の三冠馬が誕生した!
レース後のインタビューでも、福永騎手が最後はダメかと思ったが
馬が、もうひと頑張りしてくれて、本当にすごい名馬だと言っていたのが印象的だった
まだまだ、3歳!これからどんな名馬に育つのか楽しみでしょうがない!




Copyright © 趣味の競馬日記 All Rights Reserved.