皐月賞編


2020年4月19日(日)皐月賞当日は少し風が強く吹いていたが晴れ
前日に、少し雨が降ったため馬場のコンディションは稍重の発表。
今年の皐月賞は、完全に2強ムード一色であった。

前年の2歳G1 朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬サリオス
同じく2歳G1 ホープフルステークスの勝ち馬コントレイルだ。
だが、1番人気コントレイル 2番人気はステップレースの弥生賞を勝った
名手ルメール騎乗のサトノフラッグで、サリオスは3番人気だった。
レースは、サリオスが先行勢の後方で、中団の位置にコントレイル
そのちょうど間の位置にサトノフラッグが位置する形となった。
最後の直線を向くまでこの態勢が続き
サリオスが先に先頭に立つ、サトノフラッグは伸びがよくない
直線の坂を上った辺りで、コントレイルが一気に外から差し切り
コントレイル1着 サリオス2着 サトノフラッグは5着だった

結果的に、やっぱり2強で決まり、コントレイルの強さが顕著に出たレースだった
この2頭の馬連で660円つくのだから、結果的に1点勝負ができる
美味しいレースだったのだと、後から感じたそういうレースだった。
完敗したサリオスは、次走日本ダービーに直で向かうのか

また、NHKマイルカップに出走してくるのか今後の動向に注力したい
そして、皐月賞を勝ったことで、無敗での3冠達成へ第一歩を踏み出した
コントレイル!父馬の名馬ディープインパクトが昨年急死したくさんの
後継馬達が誕生しているが、もしかしたらディープインパクトの
最高傑作が誕生したのではないかと、期待が膨らむ強さだった。




Copyright © 趣味の競馬日記 All Rights Reserved.